朝でも夜でも真昼でも

恋はストリッパー

私が見たSixTONES単独MCまとめ

私が入ったSixTONESキントレ8/2朝昼・8/3昼公演のMCのレポです。記憶が曖昧で思い出した順に書いたので、時系列バラバラです。読みにくいですが、大目に見てやってください〜!

 

 

 

 

OPの話。

 

「OPどうだった?」
「あれ自分でめちゃくちゃカッコいいと思いながらやってる」
北「OPの前さぁSixTONESコールしてくれてるよね」
ジェ「え?そうなの?耳栓10個してたから分からなかった」
北「ジェシーみんなのSixTONESコールに合わせてSixTONESSixTONES!」ってやってるから」
ジェ「!!!言うなよ〜!」
「みんながSixTONES呼んでるのに、ジェシーSixTONES呼んでるの」
北「お前が呼ばれてんだよ」


裏をバラされるジェシーちゃんかわいい…。

 

 

「俺らかっこよかった?」
オンナ\かっこよかったー!/
「かっこよかった?」
オンナ\かっこよかったー!/
「みんなも可愛かったよ」
オンナ\…ッ!(予期せぬデレにときめくオンナ)/

 

Wアンコを終え、最後捌ける前。


「じゃあまた会おうね」
オンナ\えぇぇ…(寂しがる)/
「…えっかわいい(マイク通さずガチトーン)」

 

あまりにもナチュラルにオンナを見てかわいいを呟く爆モテ慎太郎さんを、私は見てしまった………。

 

 

ヴァサじゅりの話。

 

「ヴァサちゃん、うん、わたちゃんから連絡あって。「まじ最悪ー!」って。だからどちたの?って。「まじ最悪ー!明日行こうと思ってたのに、仕事入って行けなくなったー!ごめーん!じゃーねー!」で切られた」
皆「渋谷のギャルじゃん」
ジェ「今日109でバイトまじ最悪〜!みたいなHAHAHA


 

ジェシーの名前の話。

 

ジェジェシーって女の子に多い名前なの」
?「たしかにキャラクターのジェシーも女の子多いもんね」
ジェ「男と女でスペルが違うの。女の子はJessieで男はJesse。」
「普通に読んだらジェッセだよね」
北「マリンメッセみたいな」
「…???なんですか?」
北「…お洒落なカフェにありそうだよね、ジェッセ1つって」
?「そしたら何出てくんの?」
ジェ「俺!!!(どやぁ)」


 

ドームでやりたい!って話。

 

「ドームでコンサートしたいよね!」
?「ドームでトークするよ」
?「出てきてすぐトークね」
?「OPであ歌い出すぞってところでどうも〜!ってね!」
北「どうせならトロッコ使おう!」
ジェトーク中特効やったりね!バーンって!」
「ドームトーーク!」
「バインバインバイン〜♪(アメトークの音楽)」


 

楽屋の過ごし方。

 

ゆごじぇし
「髙地ほんとかわいそう!寝たいのに5分に1回ジェシーこーちぃー♡」って。で、髙地がなんだよって」
「聞いて!今日は5分くらい寝かせてくれたの」
ジェ「違う、俺が横で普通に喋ってんのに寝てたの!びっくりしてこーちぃーも出なかった」

 

ほくじゅり

「俺音楽聴きながらマッサージチェアで寝てる」

ジェ「音楽聴きながら???」

「だって5分に1回こーちぃー♡聞こえてくるから!」

ジェ(てへって顔)
「北斗は広辞苑みたいな分厚い本読みながら勉強してる」
北「あの時間いいよね、薄暗いライトで勉強して、樹がソファーで寝てるの」
「北斗が1時間前だよーって起こしてくれるの」

 

きょもしん
「めっちゃカオスだよ俺ら」
「俺はサバイバル動画見てて、」
「俺はミスチル聴いてる、しかもどっちも音量でかい」
皆「カオス」「耳おかしくなりそう」


 

お気に入りのイガリン。


「猪狩から連絡きてさぁ。来ないの?って聞いたら仕事入っちゃって…黒ーンズ見たかったです…って!情報回るの早くない?!こわくない?!」
「え、今盛大にネタバレしたよね(MCの後に黒ーンズ披露)」
?「今日初めて入る子もいるぞ」
(やっちまったって顔)

 

 〜

 

この星のHIKARIで笑いが起きて不思議がる京本。

 

「俺ら(京Je)真面目にやってんのに何で笑い起きてんの?(キョトン)」


→ゆごじゅり
「樹がさぁ!(手を叩き合うところの)フリやってくれなかった!」
「だって髙地見たらなんか可愛こぶってたから…(イントロのリズムに合わせて可愛いポーズをとる髙地くんを冷めた目で見てた樹)」
「髙地が1番ぶりっ子だよね(バッサリ)」

 

→ほくしん
「(俺らは)ケツ叩き合ってた」
北「慎太郎のケツ大きくて叩きやすい!」
「骨盤が広いだけだわ!誰が安産型や!」
北「誰が俺も安産型や!」


 

朝・昼公演の合間のゆごじぇしの喧嘩。

 

「カレー食べようって言ったの。一人前は食べきれないからジェシーに手伝ってって、そしたら作るの手伝ってくれなくて、準備も全部俺がして。せめて片付けくらいはやれよって喧嘩した」
「喧嘩すんなよ」
ジェ「だって仲良いんだもん♡」

 

お前らsinceいつやねん(cv.永瀬廉)


 

ファンのマナーが良い話。

 

SixTONESのファンってマナー良いらしいね!(嬉しそう)」

オンナ\フゥ〜〜〜〜〜/

北「皆さんに圧をかけてるんですよ」(こゎぃ)

SixTONESのファンって仲良いの?」
オンナ\(一瞬考える)…仲良い〜/
皆「嘘だ!」「変な間があった!」「女子あるある!」
ジェ「かわいくもないのに、え〜それどこで買ったの〜!かわいい〜!!!」
北「分かる!!!(ボリューム大)
?「今度ご飯行こー!とか絶対行かない!」
?「『今度ご飯行こーね♡……さっきの誰?』みたいな!」
「男ってそういうのないよね、知らなかったらお前誰?って聞いちゃう」
「聞く、すぐ聞く(→実演披露)」

 

どんだけ嫌な女を見てきたんだ君らは。


 

北斗のLINEの友達は増えたか気になるスト。LINEの待ち受けだけ教えてほしい話。

 

北「クマがアヒルのwwwwおまるに乗ってwwwwwwwアハハハハ」
皆「えっ(引いてる)」
ジェ「え、大丈夫?」
北「お前らが!聞いたんだろ!ぶっころすぞ!!!(怒)」
?「口が悪い」



ヤダ〜芸。

 

ジェ「ヤダ〜♡せーの、」
オンナ「魅せるからほらこっち来いよ…(略)…Amazing!!!!!!(ワンコーラス歌い切る)
皆「…すげぇ!!!(嬉しそう)」
北「今度俺体調悪い時代わりにやってほしい」
?「ステージでやってほしい」
?「客席から見てみたいよね」
「みんなステージで俺ら6人客席?」
皆「シュールwww」



まだMCで一言も発してない京本の一言を当てようぜゲーム。

 

皆「絶対厨二」「やばいのくる」
北「俺の腕には黒龍が宿ってるとか」
「…お前らの奥底に眠ってる悪魔を出してみろ!俺の堕天使と勝負しようぜ」
?「まだ朝だからね?!?!?」
北「望んでそのキャラに行く気が知れねぇ」


 

慎太郎に「ありがとう」を言わないと怒られる話。

 

「髙地全然ありがとう言わないの!」
「いや、それはさぁ、言おうとする前に求めてくるから言えないんじゃん!」

「だって言わないんだもん!」

「お前がはやいの!」

 

マイペースな最年長vsありがとうがはやく欲しい最年少の争い(かわいい)



客席からジェシーと同じ「AHAHAHAHA」笑い声が聞こえて、食いつくスト。

 

皆「弟?弟?」「いや女だろwww」「ジェシーのお姉ちゃんかなんかいる?」
ジェ「ジョシーだ」

 

命名。



質問コーナー「サディラブ歌ってください」

 

北「それ質問じゃないよね」
「要望じゃん……MC短くすれば歌えるよね」
北「じゃあMCと歌うのどっちがいい?」
オンナ\MC!!!/(打ち合わせしてたのかと思うくらい揃う声)
北「はーい、じゃあもう2度と言わないでくださーい(バッサリ)」



MC始まってすぐ。


「おはようございまーーーす!朝礼始めます!出席番号1番ワタナベくん!はいもう終わりっていうね!」
ジェ「もう誰だよ〜慎太郎早送りしたの!」
「ありがとうございました〜(捌けるフリ)」
「はやいwwww早送りすんなwwww……2日目どうですか?」
ジェ「そぉ〜〜〜です〜〜〜ねぇ〜〜〜〜〜(超スロー)」
「それは遅いwwww」



慎太郎のフェレットを飼い始めた話から、皆が飼いたい動物の話。

 

ジェシー→猿】
ジェ「俺猿飼いたい!あいつ賢いからリモコン取ってきてもらう」
ジェシーより猿の方が頭良いから、そのうち(猿に)飼われるよ」
ジェ「本当のこと言わないで」
北「地元でパグに猿乗せて散歩してる人いた」
皆「それパンくんとジェームズじゃね?wwwwww」

 

【慎太郎→ナマケモノ
「俺ナマケモノーーー!!!あいつかわいい」
北「俺ナマケモノの子どもの動画見たけど、あいつらめっちゃうるさいぜ?ア゛ーーーー!ア゛ァ゛ーーーーーー!って(ナマケモノのモノマネ)」

スト+オンナ\やばい…(ざわざわ)/
「…飼いたかったけど高くてやめた」
北「ズートピアナマケモノ好き」

 

【北斗→オオカミとシャチ】
北「俺はオオカミとシャチ飼いたい」
「…あいつやべぇ(ガチトーン)」

 

【京本→モモンガ】
「モモンガが自分の指に飛んできてしがみつくやつやりたい」
北「俺動画で見たことある!(興奮)」
皆「コンサートでやろう!」「きょも指立てて北斗あっちから飛んでくるっていう!」

 

【樹→犬】
「(ペットの)ソラちゃん紹介したぁい♡めっちゃかわいい♡(上を見上げてデレデレ)」
皆「空?樹、空飼ってんの?(一緒に上を見上げる)」「樹すげぇ!」

「そっちの空じゃないwwwww」

 

【髙地→なし】
「昔カメ飼ってたんだけど、」
皆「髙地っぽい」
「面倒見きれなくて親戚に養子に出した。死んじゃうショックが大きくて飼えない…」
オンナ\…優しい(メロ)…/
北「生き物はいつか死ぬし、お前も今に死ぬぜ?」
「今にとかやめろよ!まだ生きるわ!」



ほくじゅりで野球拳。他4人は後ろのセットに座ってのんびり観戦。

 

「なんかポケモンコロシアムみたい」
「テレ〜テレ〜♪(歌い出す)」


1回戦は北斗くんが負けてベストを脱ぐが、樹の上裸にベストにしよう!って提案で、上裸ベストに着替える北斗くん。


皆「じゃーんけー…」

「俺のペースでやらせて!…最初っから!!!(チョキ)(負け)」

 

2回戦は空気を読んで自ら負けにいく樹(男前)。ほくじゅり上裸ベストで並ぶ。

 

「アラジンの子役みたい」
?「エジプトの漫才師みたい」
北「○%☆〒▲〜〜〜!」
「÷♨︎$◎!(多分ボケ)」
北「♪▽*☀︎×●!(なんでやねん)」

 

ほくじゅりがほくじゅりの需要を理解してくれてる素晴らしき世界。



ほくじゅりは野球拳の後、着替えるために一旦捌ける。4人で何する??となり、髙地くんが話題提供。

 

「好きな焼き鳥の話しよう!俺プチトマト」
「俺も!」
「「イェーーイ(ハイタッチ)」」
「あとうずら」
「ねぇそれ焼き鳥じゃない!」
戻ってきた北「俺ささみ」
「あ〜、わさびささみ美味しいよね」
ジェ「俺ちょうちん!」
「ちょうちんってどこ?」
「玉と玉があって、真ん中に本体が…(真顔で手で表現してる)」
オンナ(ざわざわ…)
戻ってきた「えっこれ何の話?この話もうやめよう???てか誰だよ!この話始めたやつ!」
皆「「「「こーち」」」」
「おい!こーち!!!」
「えっ、俺?!」
(澄ました顔)


不憫な最年長。ちなみにちょうちんは卵巣なのでタマタマではないよ。

 


キントレ終わっても少年たちがある話。

「毎月会えんじゃん!」
北「会えたら会いたいよねって話ですよ」
「まぁ和えるならもやしだよね」
北「なんでナムルの話になってんだよ」

 

秒でボケにしてしまう慎太郎くんの脳みその回転バリはやい。

 

 

撮影でバッティングしたら京本がへっぴり腰だった話から、運動神経悪いJr.がしたいって話へ。

 

北「俺(バッティング)全部当たらなかった」
「北斗アクロバットできるけど、物使うとダメだよね」
北「そう!人も物も一緒!」
「パソコンと鉛筆は強いよね」
北「ペンは剣よりも強し(どやぁ)」
「KinKiの堂本は剛」
ジェ「それ俺も言おうと思ってたのにーー!」

「俺もそれ思ってたーー!」

ジェ「俺が言った方がウケてた!(ぷんすこ)(強火堂本剛担)」
「言える時に言わないのが悪い!」

 

あれ…運動神経の話してたよね…?

 

 

質問コーナー「好きなお酒は?」

 

北「アイドルらしからぬ質問きたね」

「オレンジジュースしか飲めない☆」

「グレープフルーツジュースしか飲めない☆」

「……これマイク無しでいこう…(マイクオフ)…聞こえる?」

オンナ\聞こえるー!/

「俺甘いのしか飲まないかな、ようやくビールが美味しくなってきた」

「まだ分かんないからジェシーが頼んだやつと同じの頼んでる」

北「ハイボールかな、割となんでも」

「髙地は?」

「梅酒」

「俺なんでも」

「樹テキーラじゃん!」

「飲むけどあんまり好きじゃない」

北「(マイクオンにする)…ってことで!SixTONESは緑茶しか飲まないってことでした!」

 

 

質問コーナー「メンバーの好きなところ教えて」

 

オンナ\フゥ〜〜〜〜〜〜/(大歓声)(質問者さんへの拍手)(何としてでも答えてもらいたいというオンナたちの団結力・圧力がすごかった)

「これ雑誌でも聞かれるけどさぁ…まじで照れるやつなんだけど」

?「じゃあ右隣の人の好きなところ言ってく?」

 

MCの立ち位置は、樹慎京ジェ髙北。

 

【樹→慎太郎】

「沢山意見言ってくれて、まとめてくれるよね。あと俺に頼って甘えてくれる。MCで山口さん紹介するとき、樹に任せようって言ってくれて信頼してくれてんだなって思った」

 

【慎太郎→京本】

「リハ中のきょもが好き!たまにぶっ飛んだ動きして変な赤ちゃんみたいな動きをするきょもを見てるのが、すごく微笑ましいし、可愛いな〜って!疲れてる時見てると癒される」

 

【京本→ジェシー

「表と裏がないよね。ムードメーカーで面白くて優しい、ほんとそのまんま。でも責任感が1番あって、俺らがピンチになった時はまとめてくれて…さすがだなって思う」

 

ジェシー→髙地ではなく北斗】

皆(ジェシー→髙地の並びを見てアッ…って顔をする)

「…そこ(髙地と北斗)変えよう」

ジェ「えっ」

「俺北斗の好きなところめっちゃ考えたのに…」

 

ジェ「自分のことよく知ってるよね。あと髪型が良い!MCで樹もわいわいしてバラバラになっちゃったら、北斗がまとめてくれる。あと唇!セクシーで、味噌汁を美味しそうに飲むんですよ。可愛い」

「いつもそれ(味噌汁)言うよね」

 

【北斗→髙地】

北「この安定感ですよ!8年もの付き合いだから多分俺にしかわからない。幼馴染みたいな感覚(いつも当たり強いからすごく照れくさそう)」

 

【髙地→樹】

「樹の好きなところはぁ…全部かな!」

「だろうな!(どやぁ)」

「(笑)少年たちで2年連続バーテンしたんだけど、一から全部考えてくれて責任感がある!あと家で仕事してくるところ。レッスンではノリでいけるべって適当な感じなんだけど、次の日には完璧にしてくるの。口で言ってることと裏腹だから、そういうところが大好きかな」

「(照れ)あ〜〜また人気出ちゃう」

北「こういうのはあと10年後でいいや」

?「じゃあ10年後また質問してくださーい」

 

質問の後なんだか照れくさそうな雰囲気のSixTONES。北斗くんがさらりと言ったけど10年後もSixTONESでいてくれるんだなぁとすごく嬉しく思いました。この流れからのエンドレス・サマーは沁みた。

 

 

以上です!7000字くらいあったのにも関わらず、ここまで読んでくださりありがとうございます!

 

本当にSixTONESとの夏が楽しかったです!MCでSixTONESの雰囲気が前よりも良くて、より一層このグループが好きになりました。

 

そして、ファンの団結もすごいなぁと思いました。アイドルがファンに問いかけをすると全く回答が揃わないんだけれど、オンナの皆さんは\\\○○///って自然に揃うし声デカイ。意思が同じ。だからMCの邪魔にならず、自然にSixTONESと会話が楽しめるんだなぁと感じました。

 

私が入ってない公演のレポなんですが、質問コーナーで質問者さんの声が聞こえなくて、慎太郎「あ?」オンナ「「「こわ〜い」」」北斗「慎太郎謝れ」慎太郎「ごめんなさい」っていうがすごい好きです。すごいナチュラルすぎる会話。クラスメイトと男女か。ココロの距離が近いですよね。

 

これから先もずっと、この関係が続けばいいなぁと思いました。

 

SixTONES、最高の夏をありがとう!